2017 7/20-8/3

『TONIO/3W/小林まる 三人展』

 

 

 

8人の母 

苦痛 pain 悲嘆 grief 絶望 despair

その先に

 

 

激しい宇宙現象から逃れた女が8人。
苦痛と悲嘆と絶望を乗り越え、この地に根付いた。
三人の作家が、人類の起源・生命の力に想いを馳せ、
それぞれの作風で表現した。

________________

 

日時:2017   7/20〜8/3  10:00〜22:00 

火曜休館 Holiday:Tuesday

会場:ブリリアショートショートシアター Brillia Short Shorts Theater

神奈川県横浜市西区みなとみらい5-3-1 フィルミー2F

TEL.045 633 2151

2F Filmee,5-3-1Minatomirai,Hishi-ku,Yokohama-shi,Kanagawa

TEL.+81 45 633 2151

 

*8/3 10:00〜 マタニティアートのライブペインティング

                        

 

                       

 


                          Last time 前回の個展

長野県飯田市メトロギャラリー飯田にて、2017年2月〜4月、

2013年同ギャラリーでの「WOMON展」に引き続き、

女性という生き物への賛歌を表現した。

 

カラー輪ゴムという素材を使い、

女性が約40年間にわたり流し続ける血液と組織の立体絵画、

女性の内臓や脳をカラフルに包み込んだ立体造形、

体内から垂れ流された苦痛の濁流衣装、

経血のついた生理用ナプキン、

計10点を制作した。

 

The thema is monstruation.